2018年09月06日

軽い負荷のほうが筋肉は大きくなる?

筋力の最大値でのトレーニングは効果がない?


ボディビルの人に最初に言われたのは

「軽い負荷で、正しいフォームでゆっくりセット数をこなすほうが筋肉は太るよ」

まぁ、俺は筋肉を太らせたいとはひとことも言ってないんですけど・・・
ダイエットしたいから細くしてうっすら筋肉だけつけたいって言ったんですけれども・・・
(筋肉をつけても太くならないようにする方法についてはまた後日書きますね)

とはいえ!
とはいえ(笑)
ちょっと興味と疑問もあったので調べてみました。

だって、筋肉って重いものを持つほうが強くて大きい筋肉必要そうじゃないですか。
だからおっきい人たちってガンガン重い負荷をかけてトレーニングしてるイメージがあったんですよね。
というわけで調べてみました。

スロートレーニングという概念

調べていくうちに、筋肉というのは抵抗をかけた動作を何度も繰り返すことにより筋繊維が破壊され
それが再び再生されるときに太く・強くなるものということです。

そして、ここ最近推奨されているのは
筋力の限界値の60~70%の負荷の運動を10~15回で3セット繰り返すという方法らしいです。


筋肉のギリギリのラインの運動をを3回繰り返すことによって、満遍なく筋繊維が破壊され、満遍なく太くなる
という理屈らしいです。


そして、これを調べているときに「スロートレーニング」という概念を見つけました
ウィキペディアによると
スロートレーニングは最初に遅筋を動員し、次いで中間筋、そして速筋のパワーを引き出す動作になっている。つまりこの動作によりすべての筋肉をバランスよく鍛えることができる。素早い動作のウエイトでは速筋のみが鍛えられるが他の筋肉の鍛錬が十分になされないため動作が逆に鈍くなることがある。

スロートレーニングの一回ずつの動作は時間をかけながら行うが、素早い動作でのウエイトほどの回数をこなす必要はなく、結果的には短時間でのトレーニングですむ。また、遅筋の鍛錬は基礎代謝率を上げ、体脂肪の燃焼に非常に効果的であるため、引き締まった身体を造るのに適している。




うぉぉぉぉぉ!
最高じゃないですか!

なるほど、これのことを言ってたんですね!
これならダイエットになりそうだし。

とりあえず、今日からトレーニングは
・筋力の70%で
・10~15回で
・3セット
・ゆっくり、正しい形で
行ってみることにします。

ではではっ!ノシ
posted by ショウジ at 20:34| Comment(0) | 筋トレ・トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御挨拶

はじめまして

このブログはたまたまダイエット中に仕事でボディビルをやってる人に出会い
ボディメイクに興味を持った管理人が
「これは役に立つかも」
「これは面白い」
と思った情報などを備忘録を兼ねて共有したり、あわよくば誰かに詳しいことを教えてもらえたりなんて甘いことを考えて作ったブログです。

間違っていることなどがあれば指摘しつつ生暖かく見守ってください。

ではでは、よろしく御願いいたします☆
posted by ショウジ at 16:48| Comment(0) | お知らせ・御挨拶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする